道具箱に戻る

本曲にコードを付ける



尺八古典本曲にコード(和音)伴奏を付けるための簡単な方法を紹介する.


日本音階

日本音階は,譜1に示す4種類がある. 上から,都節音階,律音階,民謡音階,琉球音階と呼ばれている. 各音階において,DとG,Aと上のDは完全四度(周波数比3:4)の関係にあり,この完全四度の枠組みが日本音階の基礎となっている. これらD,G,Aは核音と呼ぶ(ここでは話を簡略化しているが,より詳しくは文献[小泉文夫,柴田南雄など]を参照せよ).


譜1 4種類の日本音階

譜1において,右側は,階名が幹音だけで読めるように適宜調性記号を付けたもので,その調での階名とともに,尺八の指遣いを示す. 4種類の音階のうち,本曲(尺八古典本曲)ではほとんどが都節音階(譜1 最上段)が用いられる.

なお,上述の核音は,音階の枠組みとなる音だから,音高は安定していなくてはならない. それ故,尺八では通常,核音には幹音が当てられる.

日本音階の上の和音(都節音階)

日本音楽にはそもそも和音という概念はないが,西洋音楽にならって,無理やり和音を当てはめることを考える.

和音とは,異なるいくつかの高さの音を重ねることで豊かな響きを作り出そうというものである. 西洋の調性音楽では,3度間隔の音を三つ積み重ねた三和音が基本である. 3度とは,音階(7音音階)上で一つ間をおいた次の音高のことである.

都節音階上で可能な三和音(短2度・長7度関係のような不協和音を含むものを除く)を作り,音階音毎にそれを構成音に含む和音とコードネームを列挙したものを譜2に示す(ここでは,調性記号の不要な調に移調して示している). 譜2から分かるように,都節音階上で可能は和音は3種類しかない.


譜2 都節音階と都節音階上の和音

三つの和音のうち,Esus4はすべての構成音が核音であるから,もっとも重要な和音と考えてよい. ただしこの和音には,通常の和音(長和音や短和音)のような色は無い. それに対してAmは核音を二つ含み,短和音としての色を有する. Fも長和音の色があるが,核音が一つしか含まれないので,経過的な位置だけで使うのがよかろう.

コード付けの手順

以上で,都節音階の曲にコードを付けることが可能となった.以下に,その簡単な手順を示す.

  1. 楽譜(五線譜でも尺八譜でも)を適宜移調することで,「ミファラシドミ」と読む.
  2. 途中で「ミファラシドミ」と読めなくなったら,そこまでの旋律だけにコードを付け,その続き(あるいは少し遡って)に対してはあらためて「ミファラシドミ」で読める調を探す.つまり転調したものとみなす.
  3. 「ミファラシドミ」と読める旋律に対して,使用可能なコードは「ミ」のsus4,「ラ」のmin,「ファ」のmajの三つである.
  4. 三つのコードのうち,旋律の音高と各和音の構成音を見比べて,適当なコードを割り当てる.
  5. 西洋音楽の機能和声におけるカデンツ(終止形)は考えなくてよい.

簡単なコード付けの実際

簡単な曲へのコード付けの例を示す. 一休禅師の作曲と伝えられる京都明暗寺伝「紫鈴法」の一部を例にする(譜4の五線譜の下に,尺八の手を示してある).

この曲の先頭部分の「リ イリロー ……」は,「ラ シラシー ……」と歌うことができる. そこで,都節音階のラにリ,シにイあるいはロをあてはめると,譜3上段のような都節音階となる. ただし,一尺八寸管の筒音ロの音高はDであるから,この指遣いで一尺八寸管を吹奏すると,実音は譜3中段のようになる. つまり,譜2よりも短3度(3半音)高い調となる(以下の説明では,この実音による記述とする). 譜3の下段には,一尺八寸管に合わせたコードネームも示す.


譜3 紫鈴法の音階とコード

紫鈴法(この例の範囲)では,転調は起こらず,最後までこの調のまま読むことができる. そこで,譜3の下段の和音群から,旋律音をその構成音に含むコードを選定して,譜4に書き加えた. このコードに基づくリズム伴奏を付けて自動演奏した例を別に示す.
例1(紫鈴法サンバ)例2(紫鈴法ブギ)


譜4 紫鈴法のコード付け

少し複雑な曲の場合

次に,同じ方法で普大寺伝「調子」にコードを付けてみる. すると譜5に一部を示すように,煩わしいほどの転調が必要になる(なお,ここでは「ナヤシ」などの装飾的な部分は省いている).


譜5 調子のコード付け(1)

頻繁な転調が生じているが,現れる調は二つだけである.そこで,全体を一つの調(途中から現れる方の調)で読むと,都節音階に「レ」が加わっただけであることがわかる.つまり,よく言われる「陰旋法」で下行では「ド」である音が上行では「レ」になるという現象とである.

そこで,「レ」を含めた音階上で可能な和音をあらためて構成すると,譜6のようになる. 上段が上行の場合,下段が下行の場合である.


譜6 上行・下行のある陰旋法と和音

上行の「レ」を入れると,使用可能な和音の種類が2倍に増えているが,即興的に伴奏を付けるのであれば,最低限,上行旋律における「レ」の近辺に「ラ」のsus4が使えることだけ注意すればよい. なお,前述の方法の通り,この「レミ(ファ)」の部分を転調したものと考えて,あらたに「ラシ(ド)」と読んでコードを当てても,結果はほとんど同じである. 転調と考えた場合,ここに示したBdimの代わりにBbが候補にあがるだけで,BdimもBbもあまり使うコードではないので,問題にはならないであろう.

前述の紫鈴法と同じく,1尺8寸管(筒音D)の場合に多い調で表せば,譜7のようになる.


譜7 調子の音階とコード

譜7に従って,普大寺伝「調子」にコードをつけた例の一部を譜8に示す. 楽譜全体と,このコードに基づくリズム伴奏を付けて自動演奏した例を,別に示す.


譜8 調子のコード付け(2)